2011年07月02日

AKB48 高画質画像・写真・壁紙571〜575

AKB48 高画質画像・写真・壁紙571
AKB48 高画質画像・写真・壁紙571.jpg

AKB48 高画質画像・写真・壁紙572
AKB48 高画質画像・写真・壁紙572.jpg

AKB48 高画質画像・写真・壁紙573
AKB48 高画質画像・写真・壁紙573.jpg

AKB48 高画質画像・写真・壁紙574
AKB48 高画質画像・写真・壁紙574.jpg

AKB48 高画質画像・写真・壁紙575
AKB48 高画質画像・写真・壁紙575.jpg

[しのぶ]
AKB48のスタイリストを担当している茅野(かやの)しのぶの事。1チームの公演で使用する衣装は90着程度。これが3チーム。さらにSKE48、SDN48などの関連グループもある。全部合わせると、すでに1000着は超えている。第1回総選挙では戸賀崎と共に司会を務めたり、AKBのイベントやDVDでの登場回数が多いという名物スタッフの一人。ふくよかな体型が特徴。メンバーからの信頼も厚く、友達、姉、お母さん的存在でもあったりする。親しいメンバーは「ぶーちゃん」と呼ぶ事も。よくメンバーの面倒を見るため、最初は肩書きが「マネージャー」だった時もある。

[サルオバサン]
AKB運営スタッフの一人で、広報の西山恭子のニックネーム。背が低く、短髪、文字通り猿に似ている為そう呼ばれている。元々は秋元事務所で別の案件に関わっていたが、ある日(1期生のオーディションが終わり、デビューに向けてのレッスン中)、秋元から電話がかかってきて、AKBのお披露目の段取りや雑誌記事のお願いなど、対外的な仕事を任された。そこから現在に至り、広報という役職になった。広報意外にも色々とやっており、戸賀崎とともに、秋元に電話一本でいろいろやらされる係。

[湯浅]
湯浅という名字の関係者は2人いる。たまに混同している者もいるが、まったくの別人。
{湯浅順司(ゆあさ じゅんじ)}
キングレコード第二クリエイティブ本部・制作部ディレクターで、AKB48担当者。28歳。派手な髪の色が特徴。
法政大学経済学部卒業。学生時代は軽音サークル『よせがに』に所属。アーティストか作曲家になりたいと思っていた。しかしクリエイター養成所に通う中で、音楽産業の全工程に関われる仕事がしたいと思うようになり、キングレコードに就職。入社以来、主に「アニメ」を扱うセクションで営業やディレクターとして活躍してきたが、2008年2月、念願叶ってJ-POPを扱う「第二クリエイティブ本部」への異動。08年7月、デフスターから契約を解除されていた『AKB48』のキングレコード移籍が決まり、湯浅が担当ディレクターに指名される。当時のキングは、アイドルのプロデュースは手掛けておらず、ノウハウやルートなども既に無かった。その為、湯浅はAKBを基礎から学び、アイドルのプロモーション戦略についても勉強。こうして08年10月にリリースされた移籍第1弾シングル『大声ダイヤモンド』は大ヒット。AKB48人気の起爆剤となり、その存在感を大きくアピールすることとなった。
{湯浅洋(ゆあさ ひろし)}
SKE48劇場の支配人。中年。恰幅のいい体型と黒ヒゲが特徴。チョイ悪オヤジ風。
2010年10月頃、とあるSKE48メンバーを名乗る者(匿名)が、チームSの高田志織と湯浅の関係を暴露。ツーショットで出歩いている姿もネット上にアップされ騒ぎに。確かに、スタッフとメンバーが外を出歩く事はあるだろうが、二人の仲睦まじい二人の様子は、それ以上の関係にも見える。これに対しSKE側は、「事実無根であり、ネット上の誹謗中傷に関して法的な措置を考慮する」と噂を全面否定した。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。